スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

最も危険な直線階段(yuki)

直線階段は「転落時一番下まで落ちてしまう」ので危ないと聞きます。

我が家は、小さい子供がいるにも関わらず、間取りの優先順位の結果直線階段を採用せざるを得ませんでした。直線階段は昇降のリズムがいいし見た目も好きなので構わないのですが、やはり子供が転落する可能性を考えると不安がよぎったりしますよね。

しかも我が家の階段は最終2段で方向を変えています。
2008_0926_063522AA.jpg
これって数ある階段のパターンの中で、最も危険だと思うのですがどうでしょうか?直線部分で勢いをつけて、最後の2段でひねりが入って大けがをしそうです。壁への激突も避けられません…。
そんな訳で、直線階段に踊り場を入れていただくことにしました。
2008_0926_063554AA.jpg
15段中の下から7段目が踊り場です。

冷静に考えてみると、直線階段に踊り場がある一般家庭って、見たことがない気がする…。この踊り場が階段下収納のスペースを大きく奪ったので、はじめはちょっと失敗したかなと思ってました。子供の安全のためだから仕方ないと自分に言い聞かせていたのですが、いざ階段の形ができて昇降してみると…。

大正解でした!直線階段に踊り場って本当にいい感じ。なにがどういいって、大人の僕らにとっても安心感が違うんです。視覚的に階段の傾斜がゆるく見えます。大工さんも「階段がゆるやかだ」っておっしゃってました。
2008_0926_064901AA.jpg
勝手な考察ですが、通常の階段は同じ形状が続くために視線の先を見失ったり錯覚したりして恐怖感を覚えるんだと思うんです。ところが踊り場が存在することによって視線がそこへ集中し、安心して降りることができるようになるみたい。これは大きな違いでした。写真を見ていただいてもまっさきに踊り場に目が行くと思うのですが、これを実際降りてみると本当に階段がゆるく感じるんです。

もちろん、実際に転落した場合も恐らく踊り場より下へ転落してしまうことはないでしょう。写真で見るとそのまま落ちてしまいそうですが、実際はそこそこ広い踊り場なので連続して連絡することはないと思います。また、踊り場より下で転落した場合も、わずか6段ですので大けがはせずに済みそう。大きなメリットは下りの安全性ですが、上りも一呼吸おける感じが疲れなくて気に入っています。

幸い踊り場による階段の延長分は2階ホールで吸収できました。もちろんホールはわずかにせまくなってはいる訳ですが、特に使い道のないホール故にまったく問題ありません。なによりその安全性や安心感にはかえられません。踊り場入れてよかったぁ。

直線階段になってしまった方、踊り場お勧めですよ(笑)。

にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

うちも1.5階から2.5階へ上がる階段が直線なのですが、同じように踊場がありますよん(*^_^*)
まさにエントリーされている内容の通りだと感じました。うまいこと書きましたね~

hideさん

お!直線階段がおありでしたか!しかも踊り場付とは…恐れ入りました(笑)。

hideさんも採用ってことは…踊り場はやっぱり正解だったみたいですね。嬉しいです♪
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。