スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

すごい!宅内LAN~詳細(yuki)

みなさんは宅内LANをどのように構築されているのでしょうか…。我が家はちょっと複雑なので参考になるかどうかわからないのですが、できるだけ参考になるようにもう少し詳しく紹介してみることにしました。

haikan.jpg

普段から「新築時にはLANを」とお勧めしている立場上、書いてみることにしました。長くなりそうなので、太字だけで斜め読みできるようにしようと思います。
LANとは…ローカルエリアネットワークの略で、ここでいうと家庭内接続網ってところでしょうか。実態はLANケーブルからなるもので、これによりパソコンなどの各種機器間を接続するわけです。我が家のLANに参加する機器を取り上げてみます。

~ネットワーク参加機器~

☆中心部
 フレッツ光各種終端装置
 無線LANアクセスポイント
 NAS1
 NAS2
☆仕事用
 デスクトップパソコン1
 デスクトップパソコン2
 ノートパソコン1
 ノートパソコン2
 インクジェット複合機
 FAX複合機
 レーザープリンタ
☆プライベート
 テレビ1
 テレビ2
 ビデオデッキ
 インターホン
 外部センサーカメラ1
 外部センサーカメラ2
 外部センサーカメラ3
 内部センサーカメラ

すぐに利用するものだけでも、これだけの機器がありました。これらの機器をすべてケーブルで接続し、相互に通信できるようにします。一般的な用途としては「インターネット」ですね。各部屋に設置されたパソコンでインターネットを利用できるメリットははかり知れません。提供されている機器がルータ内蔵タイプのモデムであれば、一契約で何台でも同時に別々のインターネット利用が可能です。また、各パソコンから、各パソコンへデータの送受信ができるのみならず、どのパソコンからでもプリンタやスキャナが利用できるうえ、FAXの確認や送信もできたりします。さらにはほかのパソコンをリモートで操作したりもできますね。我が家は性能のいいパソコンを複数台買う余裕はないので、性能のいいパソコンを安いパソコンからリモートで利用したりしています。僕はあまりゲームをしないのですが、DSやWii、PS3やPSPなどのゲーム機もネットワークに参加させるべき機器だと思います。入居したら、デジタル写真立てもネットワークに参加予定(笑)。

また我が家ではちょっと進んだネットワークも導入します。例えば、来客があった場合、インターホンに画像が映し出されるほか、テレビ画面に表示され、必要に応じてビデオデッキに録画され、インターネット経由で携帯電話にも通知されます。逆に携帯電話や出先のパソコンから、自宅のビデオデッキの録画予約をしたり、録画済みのビデオを削除して容量を稼いだりもできます。さらに、ビデオデッキがDLNAに対応しているので、NASと呼ばれるネットワーク上のハードディスクやパソコンに貯めた音楽をリビングで聞いたりもできます。出先で必要になったファイルや写真なども、外出先からNASにアクセスすれば手に入ります。ここまで行くとちょっとやりすぎ感もありますが、実際に使う分にはそんなに複雑ではないので、機械音痴でも設定をしてもらえば使えると思います。

~有線と無線~

LANには大きく分けて有線LANと無線LANがあります。読んで字の如く「線の有無」です。線でつなぐネットワークか、電波で飛ばすネットワークか。こう聞くとつい、「線がないほうがすっきりする」とか、「無線ならどこでも使えるから」と、有線をなくすのは失敗だと思ったりします。いろいろな意見がありますが、個人的には絶対に有線がお勧めです。理由はいろいろありますが、無線の問題点を簡単に書くなら「遅い」「不安定」「意外と距離がとれない」「セキュリティに注意が必要」「トラブルになりやすい上に解決しにくい」というところでしょうか。実際はこれらのマイナス要素が複雑に絡み合ったりします(笑)。具体的にはビデオなどの大容量ファイルが途切れたり、ダウンロードに時間がかかったり、コードレス電話より全然距離が短かったり、ご近所からパソコンが丸見えの状態になっていても気づかず利用しているケースがあったり…。そうそう近隣に無線LANが増えてくると途端に遅くなるということも起こりますし、環境や天気に左右されることもあるようです。技術がどんどん向上していますが、「安定と速度」という意味では、有線を超えることはないでしょう。実際、基地から自宅に入り、モデムやルータを経由して無線親機に入るまでは全て有線なので、その部分だけだとしても配線を考える必要はあります。それよりもっと重要なことは、無線は後でどうにでもなりますが有線を目立たせないには新築時が一番ということですよね。ただし、我が家でも無線を併用しています。ノートパソコンなど移動が必要な機器に対してのみ無線接続です。もちろん無線にトラブルがでれば、各部屋に設置したLANコンセントにケーブルを接続するだけです。


~LANケーブル~

LANケーブルには様々な種類がありますが、一般的なのは「カテゴリ5e」という規格のものです。単純に言えば対応できる速度によって規格が分かれていて、現在カテゴリ6、カテゴリ6e、カテゴリ7まで販売されています。以前はストレートケーブルやクロスケーブルという分類がありましたが、最近の機器にはクロスケーブルは必要ありません。我が家ではカテゴリ6eを考えていたのですが、コンセントプレートに入れるLANの受け口がカテゴリ6までの物しか見つけられなかったので、ほとんどをカテゴリ6で、一部カテゴリ7にて配線予定です。わからなければ一般的な「カテゴリ5eストレート」でいいと思いますが、日進月歩の世界なので将来的に次の規格に変更できる余地を残す方法をとるのが次の配線方法です。

~配線方法~

実は今回の記事のメインはここです。家を建てるブログということを忘れるところでした(笑)。実際にLANケーブルを家の各所に配線するにはどうすればいいか。もちろん作業自体はメーカーや設備屋さんにお願いすることになると思いますが、どんなふうに配線されるかは知っておくべきです。最近は宅内LANの需要が増えてきているので、家を建てる中で一度は話にあがるとは思いますが、たいていの場合は配管を利用する形になると思います。ケーブルを直接張り巡らすのではなく、チューブを張り巡らせてその中にLANケーブルを通すという方法です。おそらく何も言わなければこの方法で配線されると思いますので、そういった場合にはこの記事は参考にならないのですが、この配管があれば、将来的にケーブルの規格が変わった場合などに対応ができることになります。

まとめてねット」をご存知でしょうか。これに新しく「まとめてねットギガ」という商品も出てきています。これが、規格変更によるHUB変更が必要になるいい例です。「まとめてねット」を購入した人が「まとめてねットギガ」に変更したくなった場合、おそらく総とっかえになると思います。現段階ではケーブルこそ同じですが、次の世代のまとめてねットはおそらくケーブルも変わるでしょう。この商品のメリットは電話くらいでしょうか。我が家では電話を設置する場所が決まっていて、将来的にも変更する必要がないため、この商品をつけるメリットがありません。もちろん、ネットワークのことがよくわからない方や、将来的に変更したりするほどでもない方にとってはすっきりと仕上がりますしシンプルなので良い商品ですが、僕にとってまとめてねットは配管+HUBが壁に埋め込まれているだけになってしまいます。ちなみに、HUBとは複数のケーブルを接続できる、いわばLAN用分配タップ。数千円程度で手に入るものです。ただし、インターネットを複数のパソコンで利用するには、HUB以外にルーターが必ず必要です。逆にいえば、モデムがルーター内臓タイプであれば、HUBだけ購入すれば複数のパソコンでインターネットが利用できるわけです。

というわけで、我が家は空配管だけをお願いしました。ある程度ネットワークに興味がある方なら、この方法が一番だと思うのは僕だけでしょうか。家に光やADSLが入ってくる場所を中心として、各部屋に空のチューブを配管してもらうだけです。このチューブに呼び線という針金が入っているものを選べば、その針金にLANケーブルをつなぎ、ケーブルを簡単に通すことができます。この場合、LANケーブル末端処理の必要がありますが、設備屋さんにお願いしたり、自分でやってみることも不可能ではないと思います。そんなわけで我が家は、事務所の物入を中心とするスター型ネットワークの配管が施工されました。物入を中心とすることによって、モデムやルータ、NASなどの機器のメンテナンス性を犠牲にすることなく乱雑なケーブルを隠すことができます。また空間が狭くないので、機器の熱の心配も少ないと思います。モデムやルーターは場所によってそこそこ熱を持つので、あまり閉鎖的な空間はお勧めしません。各部屋必要になる可能性がある場所全てに配管したので、必要な部分からLANケーブルを通し、HUBに接続すれば利用できます。

また、スターの中心になる部分にTVの端子と電話の端子も用意しました。これにより、配管のある場所ならインターネットでもテレビでも電話でも未来の規格の通信線でも後々配線することが可能になるわけです。だから写真のように異常なほど多くの場所に配管したわけです。

~配管の種類~
参考までに、配管の種類がいくつかあるようなので調べてみました。代表的なものは下記のとおりです。

◎CD管 オレンジ色
 柔軟で配管しやすく安価。コンクリート埋設時使用。
◎PF管 灰色・アイボリーなど
 難燃性素材で若干高価ですがこれがお勧め。
◎TL管 黒色
 弱電…いわゆる通信線用のもの。

詳しくないので情報の寄せ集めですが、いずれにせよLANケーブルは微弱な電流なのであまり神経質になる必要はない気もします。住友林業の我が家では、黒いTL管が使用されていました。問題はこれらの素材的な面よりも、径ですね。呼び…いわゆる内径が16mmのものが一般的なようですが、最近では22mmを利用するケースが増えてきているそうです。通線の経験上22mmがお勧めです。さすがにコネクタありの通線は難しいかもしれませんが、直径が大きいと自然にRがよわくなり、直径も太いので通線しやすいと思います。また、電話線とLANなど複数の線を通す場合もお勧めです。我が家はすべて22mmを利用しました。テレビからプロジェクターへの配管のみ、コネクターを外すことができないHDMIケーブルを通すために、36mmの配管が通ります。このように、コネクタ部分が自作できない物や、コネクタの幅が大きいケーブルなどを通す場合は注意が必要です。

~配線した場所~

最後に、我が家で空配管を配線した場所を参考までに。

■スター型配管
事務所物入(スター中心部)
事務所テーブル上右
事務所テーブル上左
事務所テーブル下右
事務所テーブル下中
事務所テーブル下左
事務所造作棚
事務所玄関
事務所物入横壁面
ダイニングテーブル右
ダイニングニッチ内インターホン
リビングAVボード内
ガレージ物入内
2F寝室AVラック位置
2F各子供部屋
2F階段上ホール
屋外玄関前カメラ用
屋外駐車スペースカメラ用
屋外庭カメラ用
屋外外構用
■渡り型配管
事務所テーブル下右から事務所造作棚
リビングAVボード内からリビング天井へスピーカ用
リビングAVボード内からキッチン天井へプロジェクタ用

1か所につき2本なんて場所もあるので、20本をゆうに超えています。電気屋さん泣かせですね…ごめんなさい。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

おお!これは非常にわかりやすい!
うちはまとめてネットギガなんですがケーブルはCAT5eなんです。空配管もしといたほうがいいですかね?

あとインターホンうらやまです。対応機種って高いすよね?

NASはうちも導入予定なので、音楽のことは詳しく知りたいです。わからないことがあったらお伺いしていいですか?

hideさん

カテゴリー5eでもギガに対応しているので当面そのままで大丈夫だと思います。まとめてねットギガの場合、おそらく配管ありだと思うので、その気になればケーブル変更は可能だと思います。ただ、内蔵されているHUBを交換することになるとしたら、結局全交換でしょうね。まとめてねットギガのLANケーブルが万が一配管なしで直接配線されているなら、空配管はあってもいいかもしれません。ただ、まとめてねットギガと、空配管とでは目的が同一なので、どちらも必要ってことはないと思います。要するに、将来必要になるかもしれない場所に配管が来ているかどうかでしょうね。

インターホンは…VL-SWN350KLです。高いと言えば高いかもしれませんが、せっかくネットワークがあり、パナソニックの機器だらけなので導入することにしました。メーカーを揃えるメリットは大きいのですが、選ぶ自由がなくなるのは残念です。戦略ですから仕方ないですが。

NASは…現在2台利用していて1台はRAIDです。音楽はメディアサーバーという機能を利用していて、DLNA対応のNASであれば、DLNA対応のクライアントで動画や写真、音楽を利用することができます。代表的なDLNAクライアントにはパソコン、PS3、最新のビデオデッキの一部、最新テレビの一部、SONYの無線ラジカセやデジタル写真立てなどがあります。

僕に分かることなら、なんでも聞いてください♪

ミサワの情報ケーブルってLANやら電話線やらテレビ線やらまとまって一つの配管に入ってるみたいで、LANケーブルだけ別のもの付けるなら配管は別がいいと言われたんですよね。なんか配管だけしといたほうがいいかもしれませんねえ。

DLNA対応NAS買えばOKすね!分かりました。再生はPS3を予定してます

マルチケーブルってやつですかね。まだ見たことがありません。ひょっとして、まとめてネットもそうなのかもしれませんね。だとしたら、ケーブル変更は大事になってしまいそうですね。配管1作業あたりが高くないならあってもいいかもしれません。一般的にはカテゴリ5eで十分なのでしょうが、たぶんhideさんは僕と同じで新しいものがお嫌いでないでしょうから(笑)。

参考までに我が家のNASはこれです。
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ls-wsgl_r1/
手のひらサイズなのにハードディスク2台でRAID。自分で交換はできませんが、消費電力が低いところに惹かれました。基本24時間動かしてるもので…。

ボクもこれにしますwww

バッファローのこれ、このサイズで1Tですか???それともHDDは別についてる?

あとお伺いしたいのはメディアサーバーとして利用してても、通常のPCのデーター(エクセルとかワードとか)を置いててもOKですよね?

NASを2台接続されてるみたいなんで、メディアサーバーとデーターサーバーを分けなければいけないのかなーとちょっと思ってしまったので。

いやー、詳しくよく分かりました。
我が家もルーターにしてます。HUBも接続済みですが、今必要な部屋しかつないでません。子供部屋はつなぎません。
パソコンを使う時は、ダイニングのパソコンスペースで、って思ってます。
親がチェックしやすいので。それに部屋にこもって欲しくないですし。
そんな事言っても、これから技術がどんどん進み、携帯だけでも十分こもってしまえるでしょうが。
電気設備の方がLANに詳しくなかったので、一抹の不安はありますが、設計士さんは詳しかったので、大丈夫かな?
でも、現在の規格で導入してあると思います。
ネットワーク、テレビとかは別にいいや、と思っているので、というか、どれもこれもつないでしまうと、教育上よくない。
まあ、安全なネットの使い方とか教えないといけないんですが、親の目が行き届かないので、排除できるものは、できるだけ排除する。フィルタリングもかけてますが、どこまで有効なのか。
それと電気代もかなり心配なので、ネットワークやめました。だって、電源入れてないと、使えないですもんね。

hideさん~NASについて

NAS、同じでいいんですか?よく検討してくださいね(笑)。ちなみに、このNASはこのサイズで1TBです。ノートパソコン用のHDDを2台内臓しています。ただし、RAID1で使用する場合は半分の容量になります。(ちなみに貧乏な僕は500MBを購入しました…250GBで利用していますw)。外出先からもアクセスできるNASなので、お勧めはお勧めですが。

メディアサーバーは、いくつでも作成できるフォルダの一つをメディアサーバー用に使用する形になります。ですので、想定されている使い方が可能です。僕がNASを2台持っているのは、自動的にバックアップをさせるためです。USBのHDDでも自動バックアップが可能ですので、古いNASはそのうち処分ですかね。

余談ですが…電気代も安く、音も小さくて快適ですが、ファンがないので若干温度が高いです。我が家のように24時間稼働なら寿命に注意って感じですね。ちなみに、HDDを自分で交換できないタイプなので、HDDの片方が壊れたら、バックアップをとって修理に出す形になるそうです。

honuさん

そうですね。パソコンは子供にとっていいものなのか、悪いものなのか…その判断はとても難しいものです。ただ、今後子供が大人になって仕事に就くとき、パソコンが使えないというのはどんな職種でもやっぱり問題。うちの子は早い段階でパソコンを持たせるつもりです。おっしゃるように、携帯電話ならパソコンより隠しやすいし、実はパソコンより悪質なサイトが多いように思います。自信はないですが、どんな道具でも正しく使わせる事を教える事が重要なんだと思ってます…。もちろん、目が悪くなったりもするので良し悪しですけどね。

子供部屋にネットワークは…確かになくてもいいかもしれませんね。我が家も配管だけでは利用できない状態ですから、そのままにして時期が来たら検討しようかな。ちなみに現状はメクラが入っているので、LANがないのと同じ状況です。

モデムのコンセントはいつも抜いておられるのですか?エコの観点で素晴らしいですね。我が家も最近はいろいろな機械の消費電力を測定し、待機電力の高いものはコンセントを抜き、消費電力が高いものは利用を控えています。我が家は光なのでコンセントを抜くと電話がつながらなくなるのでその周辺は常時接続していますが、新しい家になったら、スイッチ付コンセントなどを工夫して、消費電力を抑える努力をしようと思っています♪

No title

yukiさん
はじめまして、hideさんのところから初書き込みです。
「カテゴリ6e 施主」ってGoogleで調べると上下でうちのとyukiさんのblogが出てきますね。

6eの受け口が対応していないということですが、
6と6eって形状ちがうんでしょうか、、、、
6eケーブルを買ったんですがだめだったかな(汗
LAN博士のyukiさんにお伺いしたいと思いまして。

白い家、本当にきれいですね。
いつも更新楽しみにしています。

tnk

tnkさんはじめまして!コメントありがとうございます。とても嬉しいです。

「カテゴリ6e 施主」で検索ですか…検索結果に自分のブログがどう表示されるかなんて考えもしませんでした。そんなキーワードで我がブログが結果として表示されるなんて申し訳ない話です。

ちなみに…6eについては、LANコンセント部分が見つけられなかったという意味です。6と6e、および7についても形状は同じで接続には問題ありません。カテゴリって簡単にいえば品質の問題なので6より6eなわけですが、コネクタに6があればケーブルが6eでも意味ないかなって思ったわけです。実際はケーブルだけでも6eにしておけば損失が減るでしょうから無駄ではないと思いますが、実際のところ我が家は結局コスト的に手持ちの5eを利用しました。ただし、HUB周辺のみ7を利用しています。

tnkさんのお家も白+黒なんですね。またゆっくり拝見させてくださいね♪
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。