スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

BMW K1600GTLでライディング講習会へ参加してきました!

20111103-4.jpg

ブログを更新することも忘れ、K1600GTLやXL883Nに乗って走り回るばかりの秋…遅れつつご報告です。

K1600GTLが我が家に来てからというもの、時間があればバイクにまたがり目的もあやふやに出かけてしまう毎日です。ブログでインプレッションを公開するでもなく、特に友人に知らせて回るでもなく、ただひたすらにバイクに乗る毎日…さすがに寒くなってきたので、今日は11月に行われたディーラー主催の交通安全を目的としたライディングスクールに参加してきた日の写真を公開しようと思います。

納車から1か月しか経ってないうえにエンジンガードも入荷待ち状態だったので少し不安に思いながら参加させていただいたものの、結論から言うととても楽しめました。座学等もありましたが、やはり勉強になったのは実際に走りながらバイクに慣れていく感覚。おもにパイロンスラロームで得るものがあった気がします。教習所のそれより間隔がせまく、小型車でも狭いという事でパニアケースを取り外す事を勧められましたが…やはり普段の車幅感覚を磨きたいのと、転倒時のダメージを減らすためあえてのフル装備で頑張りました。

20111103-2.jpg

写真ではパイロンの感覚に余裕があるように見えますが…実際はかなりのせまさ。K1600GTLにはより一層せまく、少しでも膨らむと次が回れません。しかも教習所の端から端まで延々と続くので油断は許されません(笑)。ただ、視線を次の次のパイロンくらいに置き、思い切ったブレーキとアクセルで取り回せるのが楽しくなってきます。それでもまだまだ手前側パイロンとの間隔が大きいそうで…具体的に「これくらい空いてるから、まだまだ攻め込める」と聞いてびっくり。

20111103-6.jpg

写真右が間隔がまだあるよと聞く前のスラローム。左がもう少し攻めてみた結果。

20111103-3.jpg

パイロンに接触しているように見えますが…このスラロームでパイロンに接触することはありませんでした。今までのバイクと違い、一番突出している部分がリアパニアケースになるので、この練習は役に立つと感じた次第。それにしても、K1600GTLの安定感には脱帽です。どんなに振り回しても転倒する気が全然しない。

あと、制動練習も。通常の急制動は制動開始位置を指定されますが、今回は目標制動といって、停止する位置を指定され、そこへ停止する技術を養うもの。本来の事故回避という意味ではこの練習のほうが正解なので、教習所でも取り入れればいいと思うのですが…目標ができてしまうとパニックブレーキで転倒者続出になってしまうのかもしれません。ただ、これは絶対に体験しておくべきだと思いますし、できるなら時々思い起こして練習しておくべきだと思います。事故率が下がること間違いなしですから…。

20111103-5.jpg

ちなみに40km/hと50km/hで制動。自身でABSを効かせるブレーキとそうでないブレーキを試してみました。K1600GTLではパーシャリーインテグラルブレーキという右レバーのみ前後連動ブレーキがありますが、制動距離を短くとるには後輪の制動が弱いようなので…やはり適切に前後ブレーキを扱う必要がありそうです。ABSは制動距離こそわずかに伸びるものの、パニックブレーキでも安全に停止すると確信。この差もちゃんと知っておくべきですよね。巨体ですが制動力は抜群でその特殊なサスペンションのお蔭で姿勢を崩さずきっちり停止できます。これらのパイロンの手前で止まれることが、事故を起こさずに済んだという結果なのでした。

実はこの巨体、個人的にはUターンなんかも意外と気軽にできてしまいます。今回の講習では省かれてしまいましたが、狭い場所での8の字練習なんかもしてみたいなぁと思った次第。

20111103-9.jpg

走り出してしまえば素晴らしい安定感で怖いもの知らずですが、エンジンの力が使えないシュチュエーションとなると途端に350kgという車重と僕の女性並みの非力さがゆえに扱いがとても難しく、いつも不安な押し歩きとなってしまうK1600GTL。次回は取り回しのコツなんかも教えてくれると嬉しいなぁ。ちなみに普段はこういうシュチュエーションに極力ならないよう気を使っています(笑)。

ちなみに今回一番楽しかったのは…コーススラローム。教習所いっぱいに作られたテクニカルなコースをただひたすらに走るってなイメージでしたが、これが意外とスポーツで休憩時には汗をかいてて飲み物が欲しくなるほど(笑)。自分のバイクの運動性能を知っておくことは、おそらくアクティブセーフティ。とっさの事態にも冷静に対応できるように普段から様々な動きを体得しておくのは重要ですね。

20111103-1.jpg

たとえば、ブラインドカーブの向こう側で突然の落下物とか…そういったことを想定してか、坂道スラロームも織り込まれていました。上り坂頂上付近のパイロンを避けて、次に下り坂の途中にあるパイロンを回る…そしてその向こうのクランクへ切れ込むように入っているコースがだんだん気持ちよくなってきます。

20111103-7.jpg

楽しくて、気持ちよくて、ついつい攻め込んでしまいます。スタッフさんが不安になってきたのか、「ずいぶんバイクが倒れてきました。倒さずに曲がる白バイ隊員のような走り方も必要です」とのコメント。確かにその通りでこれ以上バンク角を増す事は物理的にも難しいのですが、普段からこの状態のK1600GTLは意外と安定している範囲だと知っていました。ステップこそ早めに接地してしまうのでカリカリと音をたて続けてしまいますが、バンク角やタイヤのグリップにはまだ余裕がある感じ。かなりの荷重をかけた小旋回中も常にタイヤのグリップを感じられて、スリップダウンの可能性は低いと思います。実際タイヤのエッジギリギリは使っていなさそう。そういえば先日とある峠で砂が浮いていて後輪が滑り出しましたが、滑りすぎず、戻りすぎず、極めて自然に収束させてくれたのを思いだいました。さすがにコーススラロームなんて無茶をしているときに頼るつもりはありませんが、やはりトランクションコントロールについても意識をすることになります。そうそう、サスペンションの電子的なセッティングについてもちょっぴり教えていただいて…途中からセッティングを変更したりもしました。ほんと勉強になりました。

低速でテクニカルなコースを回る…峠で走るよりずっと楽しいかも。スラロームにはまる人の気持ちがわかってしまいました。昔から僕は二輪車すべてにおいて低速の技術が要と思ってきました。やっぱり低速でも取り回せる技術って、いろいろな意味で役に立つし、基本だと思うのです。あらためてそのことに気づかされるいい機会でした。

20111103-8.jpg

そうそう!これらの写真はすべて、ディーラーの営業Yさんが撮影してくださいました。趣味として一眼レフをお持ちで…構図といい、タイミングといい、絶妙です。自分がバイクに乗って走っている姿ってなかなか目にすることができないので、とても勉強になりましたし記念になりました。営業Yさん、本当にありがとうございました♪

さらにYさんによる嬉しいサプライズ!

20111216115406.jpg

いつのまにやら雑誌に掲載されてました…嬉しいじゃないですか♪




掲載されたのは【BikeJIN】の1月号。「冬こそヤル気で走りませんか?」 さ、寒いから…無理w
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Yukiさん、ライテク凄いですね。もうヒラヒラって感じですね。練習しなくてもこれだけ倒せる事って羨ましいです。立ちゴケで怯えてるこのおっさんとは大違い。目からウロコでした。僕も勉強しよっと。
すう。

すうさんへ

ライテクですか…あまり深く考えたことがないのですが、K1600GTLについてはすぐに手足のような感覚になりました。ただしクラッチをつないだ後に限ります(笑)。バイクの練習っていうのはしたことがないのですがこの講習会は楽しかったですよ。また春に行われるみたいなので参加しようと思ってます。

タチゴケは…僕も常にひやひやもんです。足の長さがあと数センチ長かったらなぁ…(苦笑)。

No title

Yukiさんはじめまして、同じGTLオーナーのToshiです。
すうさんのブログでコメントがありましたので、早速Yukiさんのブログを拝見させいただきました。

実は、かなり前から拝見していましたよ、特にGTLの見積は参考になりました。
それにしてもライテクすごいですね~感心しました。
おっしゃるとおり、GTLは制動力が弱まると350kgとの戦いです(オーバーですが)

私も一度立ちゴケしてからは、徹底的に低速走行やストップ&ゴーを習得しました。(ingですが・・)

これから、ブログ拝見させていただきます、よろしくお願いします。
     
                                   Toshi


No title

コメント欄でお久しぶりです。


わぁ、乗りやすそう、楽しそう!!

ZZ-R手放して以来、もう5年以上は大きいのに乗ってません。

こういうのを見ると、早く復帰したいと思います。

それにしても安定感抜群。いいバイクだなぁ。欲しいなぁ。
ポジションもとても楽そうですし。

Toshiさんへ

Toshiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。

すうさんのブログのように参考になる情報はないかもしれませんが、そろそろバイクも休憩しないといけない季節になってきたので、ブログ更新に時間を費やそうと思っていますので、また見てくださいね♪

そうなんですよねー。あの重さが…でも僕は大きいバイクが大好きなので、なんとか頑張ります。低速走行やストップ&ゴーということは…道路上で立ちゴケされたんでしょうか…心中お察しいたします。ご存知だとは思いますが、GTLは減速→停車時に一番ふらつくように思います。最近では停車直前にフロントブレーキをリリースし、リアブレーキのみで停車しています。だいぶ安定しますよー。

フロさんへ

フロさん、お久しぶりです。いつもコメントありがとうございます。

K1600GTLは…その見た目とは裏腹にとても扱いやすいバイクだと思います。ちなみに僕もいつかZZ-Rが欲しいと思ってましたが、HORNETの流れからCB1300SBになり、ビックツアラー街道へ。実は様々なバイクに乗ってきましたが…やはりK1600GTLがあらゆる面から「最高」だと感じています。個人的には不満はほとんどありません。

ポジションは…個人差があるみたいですが、僕はあと数センチでいいのでハンドルを上げるとベストかも。ハンドルライザーが発売されたらとびつくと思います。

No title

初めてお邪魔します。K1600GTLでパイロンスラロームって凄いですね!HMSの車両でしか経験の無い私は目が点です。

熊鹿夫婦さんへ

熊鹿夫婦さん、はじめまして。コメントありがとうございます。とても嬉しいです♪

ディーラー主催のライディング講習会なのでそこまで激しい走りはしていないのですが、本当に楽しめました。もちろんK1600GTLでスラロームをしたのは初めてですが、一発目からなんの不安も感じなかったのはバイクのおかげだと思います(笑)。HMSですか!いいですね…行ってみたいなぁ。楽しそうです。

実はR1200RTを買う寸前までいったことがあるのですが…その流れで熊鹿夫婦さんのブログを偶然拝見していたので驚きました。サーキットを走るR1200RTに衝撃を受けました。すごいですねー!僕もいつか走ってみたいです(笑)。
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。