スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

ダイニングや事務所の机、パソコンテーブルの最適な高さについて考える

20110428085544.jpg

実はあまり深く考えなかった造作テーブルの高さについて考えてみました。二度と動かせないであろう机です。

家具や収納、テーブルや机など、造作にて造り付けをご検討の方は多いと思います。我が家もできるだけすっきりしたインテリアを目指した関係上、つくりつけの家具はいくつかあります。収納やクローゼットについてはもっともっと希望があったのですが、価格の関係であきらめた場所多数…やはり既製品と違い随分高くつきます。

高くつくからには吟味しないと、それこそ家具のように買い替えるわけがいかないので注意が必要。今回はコメントにてご質問いただいたテーブルの高さを中心にご紹介します。

早速ですが、事務所のテーブルの高さは660mm。

20110428085150.jpg

一般的な事務机は700mmのようですが、事務所兼自宅である我が家のこの場所は、主にパソコンを使ったり、テーブル上での細かい作業をすることが中心になります。テーブルの上に本などを置いて高さを調節し軽くシュミレーションこそしましたが、最終的にはとあるメーカーのコンピューターデスクの高さである670mmを希望しました。実際は窓枠や棚板、コンセントや窓位置の関係で予定より10mm低くなり660となりましたが、むしろ都合がよかったようです。写真を見ていただくと…キーボードの上面がおおよそ700mmになっているのがおわかりいただけるでしょうか?これで腕や肩に負担がかからない状態でキーボードやマウスが使えます。テーブルが低いので比較的気になりませんが、欲を言えばテーブルの端をテーパーにするか、面取りをしておけばもっと快適だったかも。

ちなみにテーブル下の棚板はCDケースがちょうど入り、コンセントプレートも収まる上、膝に当たらないという我ながら素晴らしい寸法をはじき出しました(笑)。

【過去記事】ケーブルスリットについて
【過去記事】テーブル下棚板について

白いキーボードも現役ですが…やっぱりエルゴノミクスキーボードが最高です。


ちなみにダイニングテーブルは700mmにしました。バーカウンター風に通常より高くすることも検討しましたが、圧迫感がでるような気がしたのと、場合によってはここにテーブルを接続して大人数で使えるように一般的な高さとしました。ただ、3m40cmという長さで途中に足がないため、厚い板材をしても中心部は10mmほど下がっているようです。重い物を置く使い方をする方は見た目を犠牲にしても足を入れたほうが頑丈ですね。

20110428084013.jpg

ちなみにチェアはコスカチェア。中央の子供用はIKEAです。



20110428084938.jpg

このチェア、輸入品なのかちょっぴりアメリカサイズ。思いっきり日本人体型な僕が座るとわずかに足が浮く感じ。それはいいとしても座面が高いので、700mmのテーブル下面との距離が短くなってしまってちょっと落ち着かない感じ。もしもお気に入りで一生モノだと感じるチェアに出会ったら、それに合わせて設計してしまうのも手かもしれません。


ちなみに予備の作業テーブルとして…高さを考えなくてすむ便利なテーブルを検討中。天板サイズも可変!
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

yukiさんは、どんなお仕事をされているんですか?
hiroさんとご自宅で一緒にお仕事されているんですか?

haloさんへ

えっと…たいした仕事はしていません。この部屋では主に事務処理や会計です。hiroは主婦業と年一回の会計を頑張ってくれています。テーブル幅は3人の設計ですが、書類などを広げると十分な広さではないかもしれません。テーブルの奥行きがあるともっとよかったかもですね。

No title

返信ありがとうございます。
3人の設計とのことですが、
実際、作業はお1人ということで、
1人で書類を広げるとこの広さは十分ではないということですか?

書類を広げる可能性があるので、
どれぐらいが使い勝手がいいのかなぁと思って。

込み入ったことを聞いてごめんなさい。

haloさんへ

haloさん、こんにちは!

あーなるほど!仕事を聞かれたのはそういう理由だったのですね。突然だったので驚いてしまって、はぐらかすようなお返事になってしまってすいませんでした。比較的珍しい職種なのでプライベートなブログでは非公開な感じなんです。パキッとお答えできなくてすいませんでした。

で、事務所のテーブルなんですが…幅が297cmと二人で使うには十分すぎるほどです。ただ、奥行きの設計を誤ってしまったのです。誤ってしまった理由の一つ目が、窓枠の一部をテーブルとしていること。二つ目がケーブルスリットがテーブルの有効長として使えないことを忘れていたこと。あと、モニター置いてスペースが減りますし…第一、事務所は広いほうがいいと思っていたのですが、つちの場合は【机の後ろのスペースなどほとんど不要】で、テーブルが広ければ広いほどよかったという現実です。手が届かないほどの奥行きがあっても不便なだけだと思っていましたが、実際いろいろと物を置きだすとスペース不足になりそう。我が家の場合は照明も造作、モニターもアームで固定、電話機も下に隠すなど不便は出ていませんが、たとえば書類がA4で、縦に2冊以上広げたいなら奥行きが足りません。あ、ちなみに我が家の事務机の奥行きは60cmと考えていたのですが、実際はケーブルスリットがあるので52cmとかなり手狭です。失敗でした。ケーブルスリットにモニターをまたがせて奥行きをかせいでいますが、仕事で使うという意味では仮にテーブルの奥行きが160cmでも失敗じゃなかったかも(笑)。

書類が多いとか、資料が多いなら…我が家でいう窓の部分に本棚などを造作すると快適かもしれませんね。ただ、その場合は手が届く範囲にしたほうが便利かもしれません。我が家は吊り戸棚ですが、普段使うものは高すぎてしえません…やっぱり収納は多いほうがいいですねー。僕がもう一度事務所のテーブルを作り直すとしたら、奥行きは有効長で60~100はとりますね。仕事柄書類やノートパソコン、道具やカメラなどいろいろ置くもので…。

込み入ったこと?とんでもない…正論かどうか、役に立つかどうかは別として、僕に答えられることなら気軽になんでも聞いて下さいね♪

No title

ありがとうございます。
すいません、言葉足らずはよく無かったですね。
困惑させてしまって。
本当に申し訳ありません。

A4の資料を広げつつ、A3の書類を作成することがあります。
場所の関係で、最大100センチということが言われていたので、
実際どれぐらいがいいかなぁと。
現在の環境では、イメージは出来るのですが、やはり、既製品のものに支給されたものを使用してですので、これを自分用に便利なように・・・と思い、いっぱいいっぱいになっています。

また、何か質問させていただいてしまうかもしれませんが、
よろしくお願いします。

haloさんへ

いえいえ、気にしないでください。文字だけのやりとりはときどき誤解がはいってしまいますよね。こちらはちょっとドキッとしただけで、困惑なんてほどじゃないですから…気にしないでください。こちらこそ、謝らせてしまうような事いってすいません。許して下さいね。

A4の資料を広げつつA3書類を作成…そのほかにもテーブルの上は物でいっぱいになりそうな感じですね。そうなると奥行きが最大値?の100cmでもいいような気がします。手は届きませんが広げた物を片付けないと新しく広げられないのは結構面倒。ぐぐっと奥へ追いやって新しい書類を開けられる広さは魅力ですね。

ただ…頑張って想像してもあくまで机上の空論。実際に形になってみるとなにかしら失敗や後悔が出てくるかもしれません。造作の場合は完成後の修正が難しいので、既製品の家具で将来的な変更に対応できるようにするのも方法かもしれませんね。我が家の場合はとにかく見た目ありきだったので造作にしましたが、既製品を利用していたとしたら奥行きのあるテーブルに買い替えていたかもしれません(笑)。

参考になるかどうかわかりませんが、またいつでも質問おまちしてますね♪
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。