スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

K-ai ~ 製造工程の写真を初公開?軽キャブコンは軽トラ切断から始まる

k-ai002.jpg

写真は正真正銘、我が家のK-aiです。新車の軽トラがあらぬ姿に…軽キャン製造工程って案外貴重かも。

我が家のK-aiが軽トラから軽キャンに変貌しようとしています。キャビンの背面を大胆にくり抜かれ、荷台が取り外されている写真を見て軽い衝撃を受けました。うーん、全てはここから始まるのかぁ…。通常は荷台に取り付けられているバッテリーが居場所をなくし、フレームの上に養生テープで仮固定されているところが笑えます。よく見ると既にリアサスペンションが交換されているみたい…。K-aiのリアサスペンションは標準装備としてオフロードカー向けの強化されたリアサスペンション、RANCHOショックに交換されるのです。それにしてもこの写真、かなりお気に入り!なんていうか…軽トラのフレームの上に夢を描くんだってな感覚(笑)。わかります?

で、その夢の続きが下の写真。すでにFRP製のシェルが乗せられて早くもキャンピングカー風味。いわゆるただの「ガワ」ですが、側面や床面に20mmの断熱材が使用されていたりする本格的なもので通常の車では考えられない断熱具合。そしてさらに軽規格ギリギリに車内を拡張する素晴らしいシェルなんです。

k-ai003.jpg

そしてそのシェルから跳ね上がっているのがポップアップルーフ。現在はまだダンパーが取り付けられていないようで木片で固定されていますが、完成すれば比較的軽い力で上下できる可動屋根となる部分です。これにより室内で立てるほどの1700mm室内高と、最大で大人と子供の合計4人が就寝可能な2階建てのベットが実現するわけです。他の車種と違い水平に上がるポップアップルーフのメリットはどこに立っても同じ高さであることや、2階ベッド部分の長さが稼げる点。斜めに上がるタイプのルーフはこれらの点にどうしても制約が出てしまいます。実際エレベータールーフ、2階ベットサイズは1900mm×1000mmと通常のシングルベッドサイズ。逆にデメリットは部分的な高さが稼げないので2階ベッドで上半身を完全に起こす事ができないという点。ただ通常は寝るときにしか使わないので問題なし。ちなみに1階ベッドサイズは1950mm×900mmとこれまた十分な大きさだったりします。

最後の写真はエントランスから。いわゆる入口のドアはキャンピングカーらしさを感じる玄関風。大型の玄関扉にもちゃんと網戸がついていて、このあとカーテンも取り付けられます。キャビン以外の後部ウィンドウはなんと全てペアガラス!最近のエコ住宅のように複層断熱ガラスなのには驚きました。もちろんここにも網戸とカーテンが標準装備されます。ちなみに手前の窓は閉まってて、奥の窓が開いてる状態。軽くて視界が広いアクリルウィンドウも魅力ですが、走行中に換気ができるスライドウィンドウが好み。

k-ai004.jpg

入口は軽トラの荷台の高さそのままでステップも浅く若干乗りにくいのですが、すでに床や天井材が貼られていてそれっぽくなってます。ちなみに車内中央に見える枠にはベットやダイネット(ダイニング)に変形するリアシートが収まります。よく見るとウィンドウ上部に白い家具がすでに取り付けられているのがわかります。とても小さいですが車内両側にこの白い家具が取り付けられているのもテントむしにはないK-aiの魅力のひとつ。これらの構造が2階のベットを支えるフレームになっていて、その辺の作りも完成度が高く好感が持てます。その家具の下に丸い穴があいているのはLEDの照明が取り付けられる部分で既に配線が来ているのがわかります。完成時には豪華すぎるほどの照明がついているK-aiです。

こんな風に我が家のK-aiは順調に組み立てられているようで…やっぱりテンションあがっちゃいます!2枚目の写真の奥には他の方のK-aiも写っているようですが、現在納車待ちの方ってどれぐらいいらっしゃるのかなぁ。現在は納車待ちが5ヵ月とあって、納車待ちを同じように心待ちにしている方があればこの写真でちょっとは気がまぎれたりするかななんて思ったり思わなかったり。そうでない方ももしこの写真を見て軽キャンピングカーに興味が沸いたら「是非是非」現物を見に行かれることをお勧めします…はまっちゃいますよ♪(笑)

【ビルダー】 オートショップアズマ
【ディーラー】 キャンピングカーフジワラ




写真提供:オートショップアズマ 担当O様 いつもありがとうございます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね!

自分は豊橋に住む、2月にK-aiが納車されたものです。
初めてのキャンピングカーで、頭金を払ってから4ヶ月あまり音沙汰が無く不安に感じました。
こんな写真が、見れたら待ってる間も想像ができ、記念にもなりよかったのにと思いました。
感動です。

アタさんへ

アタさん、はじめまして。コメントありがとうございます。とても嬉しいです♪

K-aiオーナーさんとネットで知り合ったのは3人目…軽キャンパーに乗っていて、かつブログを見て回る人って意外と少ないのかもしれませんね。2月の納車とはいい時期で羨ましいです。我が家は6月に頭金を払い11月の納車予定なので、手元に車が届くころには車中泊が厳しい時期になっちゃいます(笑)。

写真は…オートショップアズマ様に無理を言って、ブログで詳しく紹介するために提供して頂いてます。オーナーさんでもなかなか見れない写真かも…最初に見たときは僕も感動しました(笑)。みなさんにK-aiや軽キャンの楽しさを伝えられたらと思ってお願いした訳ですが、確かに記念になりますね。カットされた軽トラ背面右上に我が家の名前が書いてありました。

ああ、待ち遠しい我が家のK-ai。アタさんはシートや建具のカラー、レイアウトはどうされました?ちょっと遠くて残念ですが、近くだったら見せてもらいに伺いたいくらいですw

木目です

我が家は、対面の濃い木目でシートはブラウンかな?近くの浜松のK-aiの方は白の木目で、
パンフレットの写真で見たときは、白はプラスチックポイ感じでしたが、実物は白も良かったかなと思いました。
写真と実物は違いますね!我が家は、2月納車でしたが、4月施行前のハイマウントストップランプも付けて頂いて、サイクルキャリアを搭載しても視認制はいいです。
キャンプなされるなら、サイクルキャリアは必見ですよ。

アタさんへ

お返事ありがとうございます。木目もキャンピングカーっぽくていいですよね。シートはブラウン…茶色ってことですか?そんな色もあったんですね。確か6種類くらいあったような…一覧を写真に撮ってくればよかった。また機会があったら撮ってこようと思います。

ちなみに我が家の使用は家具がホワイト!白い生活なので(笑)。確かに写真では質感がわからず不安でしたが、実物を見ずにきめちゃいました。白い家具、実はいまだに見ることができてません。展示車や雑誌に載っているのはいつも木目なんですよね。シートはモノトーン調にしたかったので暗めのグレーとしました。明るい色が良くて、ホワイトなんかあれば即決だったのですが…やはり対象とする年齢層が高いせいか、若干地味な色や模様の印象でした。ホワイト&グレー、どんなインテリアになるのか不安です。

アタさんのK-aiはハイマウントストップランプフライング取り付けだったんですね!サイクルキャリアがあるなら絶対あったほうがいいと思います。ちなみに我が家もサイクルキャリアはオプションで付けていただきました。その他のオプションはほとんどありませんが…また紹介しようと思います♪

私には悪影響?!

こんにちは
組み上がるのがほんと楽しみですねぇ(^^

こんな風景を見せられると、DIY好きとしては自家用車を切断したくなる衝動に駆られます(マテ

大木さんへ

そうなんです。もともと住まいブログなこともあって、まるで住まいのような車ができあがっていく様はなんとも魅力的です。できることなら毎日見に行きたいくらい(邪魔)。

僕は…構想は大好きですが、自分でやるとなると途中で面倒くさくなって、切断しっぱなしになってしまいそうです(笑)。

納車まであと少し。次は選択したオプションを公開しようと思っています。
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。