スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

YAMAHA PAS Brace-LとPanasonic JETTERを比較購入ブログレビュー

20100315134710.jpg

サスペンションにディスクブレーキ。男心をくすぐる装備が実際よくできているからたまりません。
ヤマハのパスブレイスLと、パナソニックのジェッターを比較して、最初に気になる部分です。

YAMAHA PAS Brace-L を購入する際、最後まで悩みに悩んだ相手が Panasonic JETTER。もともとはフレームカラーにホワイトが存在した Panasonic JETTER を購入するつもりだったのですが、エーガールズのときにも思ったように、フレームがホワイトだとバッテリーやモーターなど黒い部分が目立ってしまいまとまりがない気がしたのでブラックに変更…そうすると YAMAHA PAS Brace-L が選択肢に入ってしまい…かなり悩まされることになりました。Panasonic JETTER の700Cタイヤ、マルチコントロールサイクルメータ、バッテリー接続のライトもとっても魅力ですが、それと比較してPAS Brace-Lに決定した個人的ポイントを紹介します。

YAMAHA PAS Brace-L のポイントはフロントサスペンションとフロントディスクブレーキ。マウンテンバイクに乗っていたころからの経験で、フロントサスペンションの効果はわかっていたつもりでしたが…当時のものよりずっと良くできている印象です。車重の違いを無視すれば下手な原付よりサスペンションの効果がある気がするくらいに道路の凹凸をスムーズに吸収してくれます。実際に段差を通過しても、前輪はうまく衝撃を吸収、後輪でその存在に気がつく程。サスペンションのおかげで手首や腕への負担が少ない上、段差を気にすることなく進めるので精神的疲労も抑えてくれそう。装備による重量増も気になりましたが元々重い電動アシスト自転車のことなので快適性を重視することにしました。

20100315135806.jpg

CB1300という大型バイクのサスペンションで初めてその調整の意味を知った僕にとっては、自転車のサスペンションにプリロードアジャスターがあることにもびっくり。このダイヤルでプリロードが調整できるそう。ダイヤルを回してみると…調整範囲は半回転弱のみ。正直おまけ的機能かなと思っていたのですが実はそうでもなく、調整の効果がしっかりわかります。たとえば体重が重い僕が段差の多い強い下り坂を降りるような状況の場合、時計回りにプリロードを強めにかけておけば普段やわらかくて快適なサスペンションが少しハードになりダイレクト感が増します。電動アシスト自転車なのでスポーツ的な乗り方はしないでしょうが、わずかにプリロードをかけておくほうが疲れが少ない気がします。

ディスクブレーキについては、正直見た目の問題が大きかったりします。雨や雪、泥に強いとされるディスクブレーキですが、雨の日には車に乗ります(笑)。ワイヤーで引くメカニカルディスクブレーキですが、音鳴りやパッドの消耗など何かあったときのメンテナンスも自分でやろうと思うとちょっと面倒かもしれません。僕はそんなときのために実店舗が各地に存在するお店で購入したわけです。

20100315134521.jpg

ディスクブレーキの制動力については…一般的にVブレーキより良いとされているそうで、確かによく効く印象。思っていたより強弱のコントロールがしやすく、後輪のブレーキが使いにくく感じるほど。後輪ブレーキは握りこむとすぐにロックしてしまう感じ…ただ効きという意味では抜群でタイヤが鳴くほどです。

20100315135338.jpg

ところがフロントは握りこんでもするどく効くことはありません。よく口コミにPAS Brace-Lのディスクブレーキは効かないとありますが、実際はディスクブレーキが効かないのではなく下の写真に見えるパワーモジュレーターが力を逃がしてくれているのです。

20100315135635.jpg

原理が違うので誤解を招くかもしれませんが一言でいえば自転車のABS。スピードが出ているときに強く握りこんでもその力を逃がして前輪がロックするほどの制動力は得られません。よほどの腕前でない限りパニック時に前輪のロックをコントロールできる人はいないので、かなり意味のある装備だと思います。実際この自転車で少しでも早く停止したい場合、フロントブレーキの恐怖をあまり意識せずに両方のブレーキを効果的に効かせることができました。ちなみにこの装備はPAS Brace-L以外にもJETTERをはじめ多くの自転車に取り付けられているようです。初めて体験しましたがなかなかよく考えられていて感心しました。

あと大きかったのが変速機の違い。PAS Brace-Lは内装8段変速です。
20100315135054.jpg
JETTERや一般的なMTBタイプの変速は、外装…いわゆる8段分のスプロケットがむき出しです。その8枚のギアの上をディレーラーというチェーンを導くガイドで半ば無理やりずらして変速させている機構。その仕組み上、停止している時は変速することはできず、通常変速時もチェーンが暴れたり音をたてたりとあまりスマートではない印象。内装タイプであれば高速ギヤで巡航中に停止しても、停止中に次の発進に備えて低速側に変速することができます。ちなみに走行中にペダルをとめているときも変速できますがペダルに負荷をかけながら変速することは外装タイプ同様できません。変速機は後輪中央のハブ内部に集約されている上、チェーンはいつも同じ場所を回転するのでトラブルになりにくいようです。

20100315135919.jpg

変速は今では一般的なグリップ式。グリップの内側部分を回転させて変速します。ラピッドファイヤー世代にはあまりしっくりこないことや親指の付け根がちょっとだけ痛くなるのは慣れの問題かもしれません。中でも一番気になるのが回転方向。1速側(軽い)が奥へ、8速側(重い)が手前へ回転なのですが、個人的には逆がいいと感じてしまうのはなぜなんだろう…。なんていうかトルクが欲しいときに手前へひねりたくなるのはバイクに乗ってたせいかも…って僕だけか。

電動アシスト自転車のカナメ、バッテリーの容量も重視しました。
20100315141241.jpg
後から容量の大きいものへ交換すれば…とかいう話は抜きにして、標準で8.1Ahという大容量のバッテリーをつんでいたこともPAS Brace-Lに決めた大きな要因の一つ。ちなみにJETTERは5Ah、PAS Braceは4Ahです。電動アシスト自転車は携帯電話同様、一度充電したら少しでも長く動作してほしいのがバッテリー。実際サイクリングに出かけたところ、Low+オートエコで風の強い中30kmほど走っても、4段階あるランプが1つ消えただけでした。その後追加で20kmほど少し頑張って走ったところでランプが2つになったので、おだやかなペースなら本当に100km走れるでしょう。ただし、HIGHモードや、坂道では急激にバッテリーが減ります。これはどの電動アシストでも同様だと思うので、急な坂道ばかりの場所を走る方にはあまり向いていないかも。

それから…通販ということもあって実際に試乗できないがゆえにこの機能にも後押しされました。
20100315140422.jpg
過去に通販で海外の自転車を購入した際に自分の体に合わなくて苦労したことがありました。PAS Brace-Lはスペーサーの位置変更でハンドルを低くできたり、アーレンキー1本でステムの角度などが調整できると聞いて少し安心しました。実際購入してみたところ調整の必要がなかったのはやはり日本人向けのサイズだからでしょうか。ただし前傾に慣れていない方がそれに対応するためのものとは考えないほうがよさそうです。

今回は購入しなかったJETTERですが、気になるマルチコントロールサイクルメータというものが装備されています。アシスト操作とサイクルコンピューターが一体になって、しかもバックライトがついた魅力的な装備があります。PAS Brace-Lにはバックライトどころかスピードメーターもついていませんが、ちょうどケイデンスにも興味があったので、スピードメーター外付けで対応しました。【過去記事】
20100315134036.jpg

さらにJETTERのLEDライトはアシスト用のバッテリーから電源を供給されているメリットも。PAS Brace-Lのライトは一般的な乾電池式ですが、CATEYE製の明るいライトが付いているのが救い。好みに応じて取り換えられるのもメリットといえばメリットかな。
20100315135956_01.jpg

自転車にしても車にしても自分が求める機能は人それぞれですが、僕にとってはPAS Brace-Lが合っていたみたいです。最近は天気が悪い日がつづきますが、早く暖かくなってほしいと思うのは考えてみればバイクを売る前と同じ気分(笑)。しかも今回はちょっと安全でちょっとエコ。ガソリン代も行楽費用も少し抑えられるかな?

春から始める自転車生活、悪くない予感がします♪

購入した自転車はこれ。


以下は比較検討した自転車たち…。

YAMAHA PAS Brace(購入したものの下位モデル)


ブリジストン リアルストリーム(YAMAHAの同型モデル)
 

Panasonic ジェッターとハリヤ。うちジェッターは一番悩んだ相手。
 
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

コメントの投稿

非公開コメント

自転車

自転車ブログ化してる笑

ボクも自転車はずっと何買おうか迷ってるんです。といっても、アシストではなくロードかクロスか、アルミかクロモリか、って感じですが。
ディスクブレーキはかっこいいけど利きが鋭く、すぐロックするっていうイメージありましたけど、最近の自転車はABSっぽいのついてるんですねー。びびった!

カテゴリーが料理や食べ物になってます!

リアルストリームについて

はじめまして。
わたしは、YAMAHA PAS Brace(Lじゃない方)とブリジストン リアルストリームを比較検討しているのですが、値段的に リアルストリームにしようかと考えています。
白い生活さんは比較してみてどう思いましたか?YAMAHAの方がいいんでしょうか?

hideさんへ

そうなんです。期間限定自転車ブログ化…やってまいました(笑)。

僕もロードやクロスバイクと迷ったのですが…とりあえず、続かないきつい運動より普段からできる気軽な運動を重視しました。昔はマウンテンバイクでいろいろな所へあがったものですが、最近は階段を上がるのもきつくなってきました(笑)。

ディスクブレーキ、僕も見た目以外にはあまりいい印象を持っていなかったのですが…今回ちょっと見直しました。ちなみに…ジャックナイフ等、意図的にロックをさせることもできません。

カテゴリー、あやうく自転車に食いつくところでした。ありがとうございます。

さくらさんへ

さくらさん、はじめまして。コメントありがとうございます。とてもうれしいです。

PAS Braceとリアルストリーム…今ちらっと価格を見てみたら、PAS Braceのほうがぐっと安いようですが…お店や地域によっても違うのかもしれませんね。

比較するとしたら主な違いはステッカーとライト、サドルくらい?リアルストリームについては…ネットの情報によるとサドルがちょっと硬いっていう話だったのと、ステッカーのデザインがシンプルすぎるかなーと感じたこと。それからPAS BraceのライトがCATEYE製のものだったことが決め手となりましたが、基本的には同じ自転車なので好みや価格で決めても問題ないような気がします…。

No title

yukiさん、お返事ありがとうございます。
確かに、お店や何年モデルかによって値段的には結構上下して、どちらが安いとか一概には言えないようですね。
http://item.rakuten.co.jp/trycycle/rs6l49/
http://item.rakuten.co.jp/zitensyadepo/pv26s/

おっしゃるようにサドルは写真を見る限りリアルストリームの方が固そうです。わたしは柔らかい方が好みです。最初に欲しいと思ったのが、PAS Braceの方で、値段で悩んでいたら問合せしていたネットショップの方がリアルストリームの方が若干安いよ、と教えてくれたのです。

yukiさんのお返事を読んで、やっぱり最初の希望通りPAS Braceにしようかと心が動きました。丁寧にどうもありがとうございました。

さくらさんへ

今日の記事にも書こうと思っているのですが、僕も若干悩みました。ただ、もともとはほとんと同じ自転車であるOEMな2台なので、さくらさんのおっしゃるようにフィーリングで選んでいいような気がします。サドルの硬さは自分で比較したわけではないのでいい加減なことはいえませんが、PAS Brace-Lでも普通の自転車よりは若干硬めで慣れるまでお尻が痛くなります。好みでサドルを交換してしまうのも方法ですね。

お気に入りの自転車になるといいですね♪
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。