スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

ガレージ水栓(yuki)

インナーガレージに水栓を設けました。


当初はとても一般的な、みるからにチープなものが選択されていました。確かに予算は厳しいですが、あまりにも安っぽい水栓が選択されていたので、写真のものに変更していただきました。この写真の水栓も特別いいわけではありませんが、ほぼ標準並みの価格の割にデザインが悪くないので簡単に決定。迷いだすときりがないので勢いで決めた部分でもあります。

見た目と言えば、よく庭の立水栓などで見かける水栓柱パン(水受け皿)も個人的にちょっと抵抗がありました。ガレージ内の水洗なので、良くて業務用キッチンのシンク風、悪くてトイレの手洗い風っていうイメージをもっていましたが、設計Nさんがとても素敵な設計をしてくださいました。

うまく表現できないのですが、土間が一段下がってそのまま水受けの機能を持ちます。ガレージから3段の階段をへてガレージ内玄関に入るのですが、その階段3段を上がった左手側に水栓を設置。うーん、言葉では難しいですね。はやく現物の写真をとりたいです(笑)。ちなみに、この水栓の上部には収納が作りつけられ、その下部に水栓に向けて照明が取り付けられるようです。

あと…ガレージ内にも温水を入れて欲しいと無理を言ってみました。

設計Nさん「温水ですか…、じゃあ、温水だけにしましょうか。」

そうか、なるほど。温水だけでもキッチンで設定した温度のお湯がでるからいいのか。でも...なんとなく、冷たい水も必要な時があるような気がしてなりません。お湯が少し熱すぎるって時や、水が必要な時にわざわざキッチンまで行くのも面倒なので、やっぱりお湯と水のどちらもひいていただき、混合水栓をつけていただきました。金額的にはたいしたことないみたいですが、精神的にはなんだかとても贅沢した気分…。

でも、冬の事や油汚れのことを考えると、やっぱりガレージにはお湯が欲しいですよね。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

コンセプトがガレージありきなので、贅沢OKだと思いますよ~。いいな~お湯。
ボクは洗車機に入れちゃう派なんでガレージも屋根付けませんし水栓も玄関掃除用と化しそうです

hideさん

そうでした。我が家はガレージありきだった気がします。最近は「白」ばかり目がいって忘れてました(笑)。

実は僕も幌のオープンカー乗りの癖に、洗車は完全に洗車機です。お湯の出る水栓は、車のためというより、自分の手のためです(笑)。

MINIいいですね~。所有したい車ベスト3に入ります。オシャレ感が素敵。

MINI

MINIは…かわいいですね。お勧めです。乗ってる人間はオシャレにうといですけど、新しい家と車はお似合いな感じです。

世界3大男のロマン、ガレージに水栓までつけられましたか!これでは文句のつけようがありません!

でも贅沢を言っても、混合水栓にされて
正解だと思います。絶対、両方とも必要ですって。

aloha k3papaさん

あはは、ロマンに水栓追加しちゃいました。ガレージ的な要素としての水栓というよりは、普段の生活にあったらいいな程度なんですけどね。オイル交換すらディーラー任せなので…。でもaloha k3papaさんに絶対必要と言ってもらえて、ちょっとほっとしました(笑)。
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。