スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

心療内科デビュー ~ 診断は「鬱っぽい」とあいまい

20090731082734.jpg

ブログのネタ切れに悩み心療内科を受診してみた。というのは嘘で、物欲に効く薬が欲しかったのだ(笑)。


最近の僕の物欲は常軌を逸している。物が必要というよりは、物を購入した瞬間の安堵感が欲しいのかもしれない。毎日のように欲しい物を探し、欲しい物をお気に入りリストにいれ、順に消化していくかの如く買いまくる…傍から見れば完全に「買い物依存症」という病気に違いない。

なんちゃって…本当は依存どころか買い物できてません。だってお金ないもん。

心療内科へ行った本当の目的は最近ちょっと仕事が手につかなくなってきたから。数年前から激しい肩こり…というか、「肩だる」に悩まされ続け、内科を始め眼科や脳外科などいろいろな病院の診察を受けていました。ところがどこの医者も言う事はきまって…「ストレスが原因でしょう」。

これといって激しいストレスが思いつかないのですが、仕事が手につかないことから生活不安が生まれ、負のスパイラルが生み出されつつあるのも事実。正直いってこのご時世、不安がまったくない人のほうが奇妙だと思うのは僕だけではないはず。もし不安がまったくない生活を送られている人がいればぜひ僕に少しだけパワーを分けて下さい。

というわけで、なんとなく敬遠していた心療内科を受診してみました。それにしても心療内科ってなんとなく抵抗ないですか?どことなく暗いイメージと、自分の変なプライドのような物が邪魔して行けずにいたのですが…だるいのもだるいので(笑)、ブログのネタ作り的発想で行ってみることにしました。ただ流石に一眼レフで撮影しながら受診すると違う薬が出てきそうなので文章だけでごめんなさい。

僕が向かったのは心療内科と神経科だけが存在する医院。平日に行ったせいか20台近くとめれそうな駐車場に車は2台。待合室に入ると…イメージは産婦人科。とても綺麗で待合室というよりロビーに近いイメージ。いわゆる病院のそれと同じく、初診の問診票と身長及び体重、血圧と体温の測定をしました。広い待合室には数人の患者さん。よく言われるように特別変わった人が受診しているわけではないようです。ごくごく普通の人たち。ただ中にはきっと強いストレスを受けてるんだろうなと垣間見れる疲れた方もおられました。公園でたまに見かけるサラリーマンのような…昼ドラでたまにみかける主婦のような…。

ちなみに診察は5~10分くらい。診察室も内科のそれと全く同じ感じか、それよりちょっと綺麗なくらい。至って普通のお医者さんが、「どうされました?」ときて、いやちょっと体がだるくてやる気でないんです。って答える感じ。「原因とかある?」って聞かれたら、いやいや肩がこるんですよねー。てな具合。なんとなく「カウンセリング」的なことされるのかなーって構えてたら、心療内科ってそういう感じじゃないんですね。症状を簡単に話した後、何故か肘と手首の関節をクイクイッっとされて、うーん、ちょっと鬱っぽい感じがするから、薬で様子を見ましょうか、との事。2週間分の薬がでました。内訳はパキシルとセルシン。どちらも不安を取り除くような薬みたい。2週間薬を飲んで治ってしまうのだとしたら、これまでの苦労はなんだったんだと思えることでしょう。

さらに驚いたのが再診の予約がないこと。「え?もう来なくていいんですか?」って思わず聞いてしましました。受付の女性の返事は「え?あ、薬を飲んでみて、まだ辛いようでしたら…」だって。あら、そんなものなのね。心療内科という名前から、長く辛い治療のイメージ…ってどんだけ悪い印象を持っていたんだ、俺。ちなみに昨日の夜は薬の副作用である軽い吐き気で少し眠りが浅くなったものの、今朝は少し気分がいいです。


結論。

「風邪をひいたら内科、滅入ったら心療内科」ってくらいに普通のとこでした。
冷静に考えれば外科の方がずっとずっと怖い所だと思ってしまう今日この頃(笑)。
僕はもう行かなくて良さそうですが、悩んでるくらいなら行ってみるといいかもしれません。


ちなみに…体に変化が出るほどじゃないけど、悩みが尽きない、辛いと感じる方は…

20090731083441.jpg

書店でいっぱい並んでた「心の持ち方」。買ってみました。

20090731083531.jpg

読んでみてください。物事は考え方次第、僕は少し気が楽になって、目標ができそうです。

エントリーでポイント5倍!送料無料です。
【心の持ち方】
にほんブログ村 FC2ブログランキング 人気ブログランキング  ← 1日1回、4click!どうかお願いします♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セルシンは不安が取れてよく寝れるようになる上に肩こりも取れますからねー
ゆっくり休養してくださいね

ブログの更新も義務になると辛くなってきます
抜き気味くらいのほうが楽しく続けれますよ

hideさんへ

経済的な不安に押しつぶされそうな毎日に、セルシンが効いてくれるといいのですが…(苦笑)。

夜は薬が無くてもすぐ眠れて、朝も7時までには起きれてます。不安なのはお金がないことくらい。ちなみにブログは今のところ苦になってません。やめたくなったらやめちゃいますけど、最近はライフワークですね(笑)。

心配してくださってありがとうございます。頑張ります♪

無理しないでくださいね。

yukiさん、こんばんは。

お家を持つと色々お金がかかりるので、幸せな分、
心配も出てきますよね。

私も仕事多忙・夫婦不仲・流産と重なったことがあって、
流産したときに何だかイッキに落ちたことがあって、
涙が止まらなくなってしまったら、先生が気を利かせて
臨床心理士をつけてくれたことがありました。

話を聞いてくれるだけで楽になることがあると思うので、
もし気分がのったら、ご利用いただいても良いかもしれません。

私もお金ないです!(笑)

「もし仕事がなくなったら」「もし主人に何かあったら」とか。
これから数十年のローンが始まったんですもの、不安になっちゃいます。
更に仕事の不安、育児の不安。毎日、不安との戦いです。
私、元が楽観的なのか、すぐに忘れちゃうんですが、やっぱり不安になったり。

確かに変に偏ったイメージを持ってます、心療内科。
ここは勢いで行ってみようかしら?なんて思っちゃいました。

その前に宝くじでも当たらないかなあ…。一気に経済的不安がなくなりますもん(笑)

案ずるより・・・

産むが安し・・・っていうしね(^^)少しはラクになったみたいで良かった。
悩みは尽きないけど、悩みのない人生もきっと楽しくない・・・ってかやりがいみたいなもん?
お互いガンバリ過ぎずにガンバリましょう(^^)V ね。
応援してますよ~!

No title

私は治験で心療内科に半年通いました。
(なぜこの持病の薬の治験が心療内科なのか未だにわからず)
毎週血液検査とか心電図とか取ってるときに
隣の診察室から漏れ聞こえる声を聞いていて
「全部まともに聞いていたら、医者の方がやられるな」と
思ってたけど
次第に、ドクターの話の交わし方とか、流し方のテクニックに気がつき
すげーと感心してました。

カウンセラーの資格を取ってからカウンセリング中にあのテクニックが欲しと時々思います。

物欲を制止する薬があるなら大量に摂取したいものです。

No title

yukiさん、こんにちは!お久しぶりです。。。
心療内科デビューですか。それはいい選択ですよ。
「へんだなぁ?と思ったらすぐ受診、それが一番!」
私は少し先輩なんです^^約1年ほど心療内科のお世話になっていました。
私は元医療従事者でもあります。
(もともと持病を持ってる上に、インフルエンザにかかり、そのあとに後遺症のようにだるさが残り脳内のセロトニン物質の調整がうまく機能しなくなったようで、受診しました。)

ぜんぜんストレスの心当たりはなかったのですが、高熱後に息がとまりそうなほどのパニックとヘンな後頭部の頭痛と肩になまりが乗ったような肩こり、喉がつまりそうな狭窄感に襲われ【パニック障害の疑い】と診断されました。
(別に、普段はぜんぜんなんともないけど、人に愚痴を言えない性格なので心療内科医に話をきいてもらいにいってるようなものでした。心のケアって感じです。)

そうそう、第3者的立場から見てそこの心療内科、ちょっと怖いです。
『パキシル』ってけっこう怖い薬なんですよ。
パッと飲んでパッとやめられる薬じゃないと思われますが。。。
(ちなみに、私はパキシルは副作用が強すぎて「吐き気とだるさと、死んでしまいたい」的な感じになりました」)

その後は違う薬を飲んでましたが…副作用的なものはありませんでした。
yukiさんも、副作用があるなら病院で相談した方がいいかもしれません。
(独断でやめるのは、危険なので…。)
心療内科は、少なくとも1ヶ月後の様子もフォローしてくださるところがいいと思います。
(コレは医療従事者としての意見)

まぁ、30才も過ぎた頃からいろいろなところにガタがきて、皆フォローを受けているということです^^

物欲は、私もかなりありますし…家を建ててからローンの事を考えると『ため息』が無意識のうちに出るし。。。
適度な休息が必要かもしれませんね!!お互いに(^-^)

悩みって・・・

色んな形があるもので・・・

あんず、人様に言えない様な経験してきて、心療内科・・行こうかどうしようかって思うことが未だにあるけど、今はまだ自力で治す方向で頑張ってます。

yukiさんが治ったら行ってみようかな(笑

No title

yukiさん、びっくりしました。
私はもともとあんまり悩んだりしないタイプなので(あほなだけですが・・)
でも、たまに落ちるとわんこをしばらくハグしています。
そういう時、わんこってじっとしていてくれるんですよね。
病気になって、やばいかもって思ってた時、体張ってネタができたって思うことにしていました。
実際ネタとしてしゃべりまくりましたが。
男とか女とか関係なく、悩み事や不安なことはしゃっべた方が楽になるんじゃないかと思います。
でも、文章を読んでいる限りではお元気そうなので少し安心しました。

バタ子さんへ

ありがとうございます。

確かに家を持つって、今までよりも金銭的な負担が増えますよね。ただバタ子さんもおっしゃるように幸せも増えていると感じます。不安は付きまといますが、できるだけ今の幸せ気分を維持したいなって思ってます。

バタ子さんもいろいろあったんですね。とても言いにくいことを伝えて下さってありがとうございます。そのお気持ちがとても嬉しいです。人間、そう長くはない人生の中で何度か試練にあってしまうものなんでしょうね…その試練を乗り越えることこそが人生の醍醐味…そう思えるよう生活しようと思います。

臨床心理士ですか…確かに話を聞いてもらうだけで、少し気が楽になるのは感じました。我が家は心療内科へ行くのにも車を1時間走らせる必要があるのですが、もしこれ以上気分が落ち込むようなことがあれば、そういった場所にも出向いてみようと思います。

バタ子さん、ありがとう♪

ponさんへ

そういわれれば、「もし…になったら」とか、「万が一…だったら」とか、よくないことを考え出して負のスパイラルに陥ることが多々あります。お金がないとか、数十年のローンもそうですが、仕事のひとつひとつにもそういった感じで悪い方へ考えがちなんですよね。不安が不安を煽って、ひどい時は動けなくなってしまう…そして更に不安になっちゃう(笑)。

心療内科は僕も正直最終手段。どこの病院へいっても解決しなかった体の不調ですが、最後に病院へいってから心療内科へ行く決断をするまで2年近くかかったわけですが…行ってみたら、風邪の診察なみにシンプルなもので、正直言って「拍子抜け」してしまいました。

あ、最近の僕の口癖、「宝くじ当たらないかなぁ」です。やっぱり金銭的不安が一番の要因でしょうか。本来であればそういうところへ期待すること自体がちょっと心配なのかもしれませんね(苦笑)。僕も自分で自分の体はなんともないと思っていますし、行った後の今でも「心療内科へ行かなきゃならないような精神状態じゃない」って思ってます。でも勢いで行ってみてもいいと思いますよ。気が楽になるかもしれません。

ぷろふぇっさーさんへ

案ずるより産むがやすし。確かにその通りなのですが、多分こういう状態になるとみんなそれができなくなってしまうんだと思います。逆に言うと、普段から「案ずるより産むがやすし」が出来る人は心療内科に縁がないのかもしれませんね。誰しも持っている悩みを、解決するのが得意な人と、そうでない人がいるのかもしれません。どちらかというと僕は後者で、解決したであろう悩みを掘り起こして悩む、悩み無限反芻(はんすう)体質です(笑)。

でも確かにプロフェッサーさんのいうように、悩みのない人生なんてありえないし、悩みがなければ楽しさ半減。っていうか、僕はそんなに深い悩みがあるわけじゃないんですけどね。理由なく体がだるいのです。特別な理由がないのに体調不良になる病気らしいです。よくわかりませんが(笑)。

奈緒ちさんへ

治験で心療内科?他の病気の治験で心療内科に通ったってことでしょうか。心療内科で経過観察が必要な副作用でももっていたとか?治験自体の真意があまりよくわかってなくてすいません。

あ、でも僕も診察中に同じことを思いました。自分の症状が自分でもよくわからないのに、それを聞いてる医者も疲れるだろうなって。お昼過ぎの診察途中で腕時計を見ちゃった先生を不憫に思ったり。本来ならちょっとどうかと思うところですが、やっぱり先生だって人間ですから疲れますよね。

僕が行った心療内科はカウンセリングっぽい雰囲気じゃなくて、本当に風邪を引いた時とほぼ同じ診察形態だったのでそのテクニックを垣間見ることができませんでしたが、そのテクニックを持った先生に見ていただきたいとも思ってしまいました。

物欲を静止するには金欠が一番。現在物欲停止中だったのですが、クレジットカードの締日がすぎたので、またまた買い物しちゃいました(笑)。

りかなさんへ

お久しぶりです。いつも拝見するばかりでコメントできなくてごめんなさい。

心療内科デビュー、ちょっと抵抗があったのですがいい選択だと言っていただけると安心します。そしてブログに公開したことも複雑な気分ではあったのですが、こうして皆さんに意見をいただけてとても嬉しく思っています。りかなさんは元医療従事者であり、そして心療内科の経験があるとのことで、失礼かもしれませんが、これ以上ないくらいお話を伺いたい方というのが正直なところです。こうしてコメントいただけることを心より嬉しく思います。

りかなさんがコメントくださって思いだしたのですが、僕も数年前に同じような症状がありました。ストレスこそあったのですが、ひとつひとつがとても似ていて…。夜中に目がさめて突然呼吸ができなくなり、数日間あけてですが二度、救急車で運ばれました。今思えばストレスによる過換気症候群だと思うのですが、そのころよりひどい頭痛や肩こりに襲われるようになりました。そう!肩こりというより、肩になまりがのっているような肩こり、肩がだるいんです。救急車で運ばれた時も、きっかけは喉がつまりそうな狭窄感というのに当てはまります。その時は結局、内科で原因がストレス、くらいで終わったと思います。

パキシルについては…僕も服用前に少し調べて不安にはなりました。現在の所、夜に軽い吐き気に襲われるくらいですが、先日一瞬、「全部まとめて服用したい」という衝動にかられました。それは自殺をしたいという考えからではありませんが、結果そうなるかもしれない恐ろしい状態でした。今まで普通に生活してきて肩こり意外に大きな問題がなかった人間が、薬次第でどうにでもなるんだと実感。死んでしまいたいと心境が変化してしまっても不思議はないかもしれませんね。不安を取り除く薬として処方されたのですが、確かに不安が少し収まります。と同時に今まで人生でほとんど体験したことのない、「何も考えてなかった」という瞬間が何度かありました。ボーっとすることの少ない僕がこんな状態になるのですから、本当に薬ってすごいし、怖いです。

今回受診した心療内科は…初診で2週間分の薬が出ただけ。当然2週間後には薬がなくなり、その後は普段通りとなるので「それでいいのか?」という気持ちにはなりました。普通に考えて、その後のフォローは欲しいですよね。この場合、2週間後に再度同じ医院へ行く方がいいのでしょうか。悩んでも仕方ないので(笑)とりあえず、2週間後に考えようと思います。

ブログに心療内科という、ある意味では敬遠されがちな記事を書いたのかもしれないと思っていましたが、こうして貴重な意見をいただいたり、みんな同じように悩みを持っていてそれが当り前だということがわかるだけで、記事にして良かった、ひいてはブログをやっててよかったと思えました。確かに僕も、ちょっとガタが来ていたのかもしれません。

りかなさん、本当にありがとう♪

あんじゅ@さんへ

悩みの形は色々…確かにそうですよね。人生は千差万別、悩みは十人十色。

人に言えない悩み、僕にもたくさんあります。でもそういう悩みって案外みんな持ってるんだーって今回思えるようになりました。皆さんコメントで結構暴露してくださるし、人に言える言えないは別として、あんじゅ@さんも僕も大きな悩みを抱えているわけだし…。

正直にいうと…僕が心療内科を受けた理由は、心療内科を受けるべきかわからない人が心療内科を受けているという話を本人から聞いたことや、あきらかに心療内科を受けるべきであろう人が、心療内科を嫌って引きこもってしまったという経緯を見たからなんですよね。仕事柄いろんな人に出会うわけですが、それがゆえに「病気は早期発見、早期治療だ」と感じたわけです。

治るかどうかはわかりませんが、あんじゅ@さんのコメントのおかげで2週間後に報告することに決めました♪

らぴまっくさんへ

自分でもびっくりします(笑)。

僕も以前は悩んだりしないタイプでした。悩みがあってもそう続かないし、どちらかというと病気しらずで、運動もすれば人と接するのも好きな方。家にいるのが苦手なタイプです。

ただ…おそらくらぴまっくさんがわんこをハグしたくなるような心境が何度か繰り返してしまったり、激しいストレスが加わったりすると体調に変化が出るのかもしれません。そして、悩みが解決しても体調が戻らない…僕の場合そんな感じでどんどん悪くなっていったんだと思います。

今の僕は誰が見ても元気そのもので、ただ「ダラケテル」だけに見えると思います(笑)。実際、心療内科をネタにしちゃってますしね(笑)。らぴまっくさん、心配してくださってありがとうございます。とても嬉しいです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

はい。報告します。そして報告楽しみにしています♪明るくやってますよー。

No title

アリナミンEXプラス飲むといいですよ

-さんへ

アリナミンEXプラス?ですか!最近ははっきりいって完全復活状態なのですが…こんど気分が沈んだら試してみますね!ありがとうございます♪
ファミリンク


お買い物はぜひこのリンクから
【楽天市場】 【アマゾン】

制作過程をそのまま公開中
【白い生活 WEB】

白い生活の写真を販売中
【白い生活 PIXTA】

妻のhiroもブログを更新中
【Pink Pig Life】
応援&更新催促ボタン


カウンター
now:
カテゴリ
DIY (6)
CG (2)
Twitter お試し中
最近のコメント
MINI GARAGE HOUSE
目指したのは…

シンプルモダンな白い家


内装も外装もあらゆる所を真っ白な家で、リビングからガレージを見つつ事務所にいてもリビングとの繋がりを感じられる家…。ミニマムな家のガレージにMINIを入れるミニマルな家が出来上がりました。白い生活の始まりです。

ダイニング

リビング

事務所

ガレージ

プロフィール
yuki♂ hiro♀ koyu♀

京都府で小さなガレージハウスを建てることになった事を記に、ブログを始めてみました。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログリンク
リンク
トラックバックについて
白い生活では情報交錯防止の観点からトラックバックを記事参照通知としてのみ受け付けています。そのためトラックバック先の記事内に「白い生活」のキーワード、およびこのブログ、またはこのブログ内記事へのリンクが見受けられない場合はトラックバックを拒否していますのでご了承ください。
RSSフィード
このブログを購読できます。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。